認定コース、パート2、終了しました!

3月16日から24日、関西&エサレン研究所での、第一期エサレン®ボディワーク資格認定コース、パート2のワークショップが、無事終了しました。

指導講師は、本コース、主任講師のシャー・ピアス先生。
2004年より日本に訪れ、数多くのエサレン®ボディワーカーを育ててこられた、実力派の、ベテラン講師であると同時に、その深く、慈愛あふれる包容力と、実践的なヒーリング観の指導から、大変人気の高い先生です。かくいう、コーディネーターの私、中川玲子にとっても、これまで、多くの気づきと学びを受け取り、そして、目標とすべき師として、尊敬し続けてきた先生でもあります。

講習場所は、滋賀県、堅田市、真野浜という、琵琶湖そいに位置する、ビューロッジ琵琶さん。
お若い、西田さんご夫妻のオーナーさんと、お二人の1歳になる赤ちゃんのときむね君とが、あたたかく、迎えてくださる、とっても、アットホームなお宿です。京都の料亭で修行されたというご主人が、野菜中心の美味ししお料理を三食つくってくださいました。

パート1で、しっかりと、背面のワークを学んできた受講生の方達。ただ、あまりにも、一生懸命、学びすぎて、どこか、動きが固く、そして、画一的になってしまいがちな面を、シャー先生は、見逃しませんでした。

自分自身を受け入れ、自分自身を信じること。
自分らしい、動きと、セッションを、なさい。。。

そのことは、多くの参加生の方にとっては、決して簡単なことではなかったのです。
そして、そのことこそが、まさに、パート2のテーマ。

自分自身も、そして、他者をも、あるがままを受け入れること。
そして、自分自身を、愛すること。。。
セッションは、自ら、創りだすもの。
自己受容と創造性、気づきとインスピレーション。
エサレンのエッセンスが、洪水のように押し寄せてきます。

シャー先生の、初日のお言葉です。

マッサージを学ぶことは、自分自身を知っていくこと。
学ぶプロセスの中で、自分で自分の中に答えが見つかっていきます。
もっとも大きなチャレンジは、自分を受けいれることを学ぶこと。
それは、練習を積み重ねる中で出来ていくことです。
そうすることで、あなたの所にやってくるクライアントに対して、
あなたは、より思いやり深く在るようになれるでしょう。
自分を受け入れることを練習することで、人のことをジャッジすることが減っていきます。
人は「あなたはジャッジしない人だ」と感じていくでしょう。
あなが自分の内側のワークを深め、自分を知り、ジャッジしないようになると、
人はあなたを信頼するようになっていくのです。



琵琶湖のさざ波の音は、エサレン研究所のある、ビッグサーを思い出します。
まるで、パート3の、エサレンへの旅路への、予行演習のような、、、。

そして、その湖面の水の波動は、私達の、心や感情、そして、スピリットへと伝わりいきます。
湖面に注ぐ、雨のように、涙がこぼれていくこともありました。
お一人お一人が、ハートを、ご自身の涙で浄化し、そして、透き通っていくかのようなプロセス。

毎朝のモーニングクラスは、太極拳と気功のクラス。
ゆったりとした、Flow感あふれる動きを、琵琶湖の湖面を背景に、呼吸とともに、広げていきます。
これは、まさに、エサレンボディワークの動きそのもの!

そして、シャーマニック・ジャーニーという、ネイティブアメリカンの深層イメージへのアプローチ法で、太鼓をたたく音で、深層に入り、自分自身の内なる守護やメッセージと出会うというワークもおこないました。

水の波動とともに、内側へ。。。そして、女性性へと、アプローチする8泊9日でした。

トレーニングでは、前面の足・腹部・胸・腕・首・頭部へと続いていきました。
背面のときよりも、より繊細なアプローチを必要とする部分です。
そして、同時に、参加者の方達は、自分達の内側の繊細さと対話する日々でした。

そのプロセスが、より、深みのある、エサレン®ボディワークの施術者へと成長していくのでしょう。
お一人お一人が、さらに、大きく、魂レベルまで、広がりをもつプラクティショナーへと、成長されていくのがはっきりと伝わる、講習でした。

最終日のサークルでの、シャー先生が読まれた詩の一節。

Healing とは、閉じてしまったものを開くもの。
Healingとは、固くなってしまったものを柔らかくすること。
Healingとは、一番怖いと思うものを、抱きしめること。
Healingとは、つながることについて、一つになるということについて思い出すこと。
Healingとは、信頼することを学ぶこと。
Healingとは、全体性にむけての一生をかけての旅なのです。



 *

さぁ、次は、6月、いよいよ、米国カリフォルニア州、エサレン研究所への旅が始まります。


ワークショップルームの大広間からは、琵琶湖が広がります。
d0266108_16162242.jpg

毎朝、琵琶湖の湖面を眺めながらの、太極拳のクラスから、1日がはじまります。
d0266108_16172511.jpg

1人1人に丁寧に技術指導する、シャーピアス先生の講習風景。
d0266108_166774.jpg

シャアリングのサークル。この日は、シャーマニック・ジャーニーをおこないまいました。
d0266108_1624261.jpg

琵琶湖ビューロッジさんの外観
d0266108_1672580.jpg

最終日の集合写真
d0266108_16185697.jpg

シャー・ピアス先生。生徒さんと共に。
d0266108_1620452.jpg